2017年10月14日 (土)

ピッチ、2ヶ月

保護した時は手のひらに乗るくらいだったピッチも
こんなに大きくなりました。


すっかり甘え上手な子猫です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年10月 1日 (日)

特別な1日

午前中は、近くを両陛下がお通りになるので
友達と旗振りに参加してきました。
早い時間からたくさんの人が並んでいて
びっくり!
うれしいことに お帰りの時は最前列でお見送りできました。

お車も 私たちの前で 少しスピードを落としてくださって
両陛下の暖かい眼差しに 友達共々 感激しました。


午後は、若手の演奏家のコンサートへ。
まだ名前は あまり知られていなくても
力のある演奏家たちの
ハイレベルな演奏を堪能してきました。
昔から好きなメンデルスゾーンの曲
演奏が始まると同時に 会場全員が演奏に引き込まれました。
上手に演奏できることと 演奏者の世界観が確立していて
聞く人に感動を与えることの違いを 感じたように思います。
非日常な1日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年9月25日 (月)

素通り出来ない

ピッチを保護して1ヶ月半
すくすく育って、すっかり子猫に成長しました。
じっとしていないので写真もうまく撮れません。


シッポと手足の長い子猫です。
今日、100均へ行ったら
ハロウィングッズがたくさんあって
当然黒猫グッズもたくさん!
素通り出来なくて買い込んできました。


右上の黒猫紙風船は京都展で。
ヨーキーグッズもですが、
これからは黒猫グッズも集めてしまいそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年9月19日 (火)

ゴールドワーク

やめられない、止まらない(古い!)で、
一気に仕上げたリボン刺しゅう
はい、夜中までチクチクしてしまいました。


さてさて、では、反対側の刺しゅうはどうしようと思っていたら、
先日購入した手芸雑誌の付録
ゴールドワークのキットが目に留まりました。
初めてのゴールドワーク
中心のアクリルビーズを留めて、ふ〜ん
ところが、まわりのキラキラビーズが増えるにつれて
すっかり虜に


キラキラの光り物に弱いお年頃、です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年9月18日 (月)

リボン刺しゅう

台風の日、久しぶりに家から出かけない1日になりました。
自分の時間!


作りかけのリボン刺しゅう
がま口にする予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年9月11日 (月)

ぴっち

子猫の名前がきましました。

ぴっち




名作絵本からいただきました。



すっかり子猫らしくなって
ジャンプ、猫パンチも身につけ腕白ぶりを発揮しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年9月 8日 (金)

名前はまだ、です。

赤ちゃん猫を保護してもうすぐ1ヶ月
最近は離乳食を食べ
お水を器から飲み
トイレも使えるようになりました。


キャリーでは手狭になりケージも購入
猫の性別は生後2ヶ月くらいにならないとわからないそうですが、
そろそろお名前も決めなくては、ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年8月24日 (木)

ぷにぷに

赤ちゃん猫を保護して2週間
日に日に大きくなっています。
脚の肉球もふっくら、ぷにぷにしてきました。


ドベ子さんが、黒い子の撮影は難しいと言っていましたが、
たしかに。
モノトーン風に加工すると、少しわかりやすくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年8月20日 (日)

すくすく

赤ちゃん猫を保護して10日
元気に育っています。


目も開いて、体も大きくなって
ミルクの後は湯たんぽのお母さんにくっついて
よく眠ります。


今は黒く濁っているけど
そのうち透き通って金眼になるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年8月12日 (土)

Chat Noir

おととい、老人保健施設でリハビリをしていた母が実家に戻るので
施設と実家へ それぞれ2回行って
ヘトヘトになって帰ったら
青天の霹靂!が待っていました。

青天の霹靂なんて人生でそうそうあることではありません!

なんと!猫の赤ちゃん、
まだ目も開いてない生後1週間くらいの子猫が
待っていました。

なんでも、うちの近所の歩道に落ちていたそうです。
真昼の猛暑の歩道で、息子と義父が見つけました。

見捨てられなくて、うちへ連れて帰ったそうです。

犬や猫の赤ちゃんに詳しいドベ子さんに
この子は元気なので大丈夫と言っていただいて
一安心。
赤ちゃん猫を義母が育てていたので
経験値の高い主人がミルクと排泄担当しています。



ちょうどおとといはジョリーの12歳の誕生日
ジョリーは複雑な様子で赤ちゃん猫を見ていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

«隣はコブクロ