« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月28日 (土)

ソーイングケース*ステンシル のサンプル

ソーイングケースにステンシル

縫い方の説明用に作ったソーイングケースにステンシルしました。

これは ポケットや針刺しのある内側。

ポケットに ボタン「Bouton」のステンシルと 

残り物のフェルトを丸く切って ボタン風に刺しゅう糸で留めたもの。

これで フェルトは 最後まで使い切りました。^^

針刺しのフェルトの上下は余裕がないので

針「Aiguille」は左側へ。

ハサミ「Ciseau」は ハサミを動かないように止めるテープの上に

ステンシルしました。

文字がはいると なんだか おしゃれです。

ソーイングケースにステンシル

これは 表側。

左が蓋になります。

真ん中は くるくる閉じたときに背側になります。

背には ケースを止めるチャームがくるので

せっかくのチャームが目立つようにステンシルはしませんでした。

ちなみに このチャームは アメリカの古い犬用の鑑札。

ソーイングケースにステンシル

ハサミポケットを折ったら こんな感じになります。

花束のリボンは リボン刺しゅうの ストレートステッチです。

花の真ん中に キラッとビーズをつけています。

ソーイングケースにステンシル

これは 蓋も閉じたところ。

これも花の中心に 極小ビーズをつけました。

ステンシルだけでなく リボンやビーズを加えると

ちょっとおしゃれな雰囲気になります。

*

完成がイメージできるところまで作って

それから ステンシルをすると

ステンシルの大きさや柄が合うかどうか

判りやすいので お勧めです。

*

ステンシルをしたら アイロンをかけ

中表に 上下を縫い合わせ 表へ返し

返し口を ミシンや手縫いで閉じて 出来上がりです。

*

県文の産業文化まつりに 行ってきました。

去年木箱を買ったところへ行きましたが

今年は 木箱は無し。

去年の売れ残りの?クリスマスツリー型のものと

ネームプレートが少し。

も、もしかして、去年私が 大量注文して

大変だったから 箱は止めたのかも~~。

私のせいかも~~~~。  (lll゚Д゚)

*

木箱は無くて残念でしたが 

食べ物は 例年のごとく たくさんゲット!

そして この年になって 生まれて初めて!?

もち撒きのおもちを ゲット!!!(v^ー゜)ヤッタネ!!

1回目は3個 2回目は要領も良くなって 11個。

ちょうど牛乳の集金の方が来られたので おすそ分けをしたら

「たくさん お餅を撒いたんですね。」

そのココロは 私でも大量ゲットできたから。

寄せ植えを買って 福引で当たって お野菜もいただきました。

*** 楽しかったです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月27日 (金)

リボン刺しゅうのレッスン

新型インフルエンザの大流行で 昨日のリボン刺しゅうのレッスンは

半分以上の方がお休み、となりました。

でも、先生が もう1回オマケで来てくださるので

まだの方もちゃんと完成します。

先生も ゆったりと教えられて良かった、

皆さん とても感じの良い生徒さんで 楽しかったと

またまた うれしいご感想をいただきました。(*゚ー゚*)

*

昨日も 先生とランチへGO!

気になっていた 伊予市の Daidokoro Cafe MOKUへ行きました。

初めての道なので 心配でしたが

目印の上野郵便局の建物を先生がご存知だった

前を行く 赤い車が 女性ばかり乗っていて

「きっと 同じ目的地に違いない」という予想が当たって

無事に到着しました。

こちら方面から行くには 石手川沿いの北側の道を 和泉までいって

橋を渡って 和泉~古川(途中椿神社の西の鳥居が見えます)~

重信川を渡って~北伊予~と道なりにまっすぐ、

突き当りが 砥部から伊予市に抜ける道沿いの 上野郵便局です。

その 上野郵便局の横の 車1台しか通れない道を入って

(心細いけど すぐその先は離合できる道幅があるので大丈夫)

少し進んだ先の十字路を左折(左手に 石碑が何本か立っている)、

そこからまた少しは 離合できない道ですが

その次の十字路を 今度は右に曲がって登っていくと

右手に池が見えて、MOKUがあります。

ランチは ボリュームたっぷり 美味しくて値段もリーズナブルで

いい雰囲気のお店でした。

砥部方面からも行けるけれど、

上野郵便局の横の道に左折するのが 道が細くて大変かも。

ぜひ 行ってみてくださいね。

次回も先生をランチにお誘いしようと思います。

お勧めのお店がありましたら 教えてくださいね。

*

そういうわけで 12月10日はリボン刺しゅうと

ソーイングケース、念珠ケースの作業をします。

それから 3学期のお題の提案もあります。

ソーイングケース等に リボン刺しゅうをしてみたい、という方は

先生がいらっしゃるから ラッキーです!

ステンシルもするなら ステンシルをして アイロンをかけて

それから リボン刺しゅうになります。

リボン刺しゅうの後は アイロンをかけにくいので

私もアイロンを忘れないように持って行きます。 

*

今度の 土日、県文で 産業文化まつりがあります。

去年の木箱は 特産品祭りで見つけたものだったんです。

今年も 何かを探してみます。

皆さんも もし と思うものに出会ったら

その際は ご一報をよろしくお願いします。

使える!と思ったら たくさんゲットしに 駆けつけます。^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月25日 (水)

記事の様式が。。。←解決しました。

さっき ブログの模様替えをしたら

記事が途中までしか表示されなくって

「続きを読む」をクリックしなくてはいけない

面倒な表示になってしまいました。

?? どうして??

以前の表示に直すまで しばらくご容赦をm(_ _)m

*

ココログのほうで 一律に表示方法を変えたそうです。

ユーザーの要望が多かったとか。┐(´-`)┌

とりあえず 一件落着です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月24日 (火)

ソーイングケース内側3

ソーイングケース内側3

ハサミを固定するテープを作ります。

お渡しした説明書では スナップボタンで斜めに付けるようになっていますが

スナップボタンでなく、テープの先にフェルトをつけて

持ち手にくぐらせて折り返しても ハサミがずれないので

簡単に済ませるほうの説明をします。

もちろん、スナップボタンをつけても いいです。

テープの位置は ハサミによって高さが違ってくるので

ご自分のハサミを まずポケットに入れてみてください。

テープの両端は 解れないように ピケ または

ボンドを ほんの少し付けておきます。

ソーイングケース内側3

残りのフェルト 4.5cm×2cmを半分に切ります。 

4.5cmのほうを半分にします。

テープを フェルトの真ん中に置き

手縫いで まず、固定します。

糸は切らないで、そのまま、

(マウスポインターが カーソルに変わらないので

下の写真が続いていますが、)

↓ フェルトを半分に折って テープの先を包みます。

折ったフェルトも 手縫いで ざくざくとテープに縫い付けて

反対側のフェルトとも縫い合わせます。

テープの反対側を7mmほど 折り返し、

内側布に ミシンで縫います。

出来上がりから1cmに引いた線の上にあわせて縫います。

でも ご自分のハサミにあわせて位置の調整をしてください。

手縫いでもいいですが その際は本返し縫いで。
ソーイングケース内側3
ソーイングケース内側3
ソーイングケース内側3
ソーイングケース内側3

針さしのフェルト2枚を 待ち針で動かないように止めて

内側布 真ん中線に 中心を合わせて 上側を ミシンで縫います。

直線縫いで 2本くらい押さえておくといいです。

飾り縫いでも かわいいです。

*

これで 内側布 完成です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソーイングケース内側2

ソーイングケース内側2

内側布の表に 出来上がり線を引き

その内側、1cmに線を引きます。

真ん中にも 線を引きます。

それがポケットや針刺しの場所のガイドラインになります。

裏側の接着芯がゆがんでいるかもしれませんので

表側で サイズをきっちり測って 線をひいてくださいね。

ソーイングケース内側2

左から ハサミの先のポケット 針刺しフェルト ポケット

実際においてみて 位置を確認します。

針刺しフェルトの縦真ん中が 布の中心線をとおりますので

フェルトの真ん中にも ガイドの線を引きます。

ソーイングケース内側2

ハサミポケットの 下側を 縫います。

布を保護するためのフェルトなので

4辺とも縫います。

ソーイングケース内側2
ソーイングケース内側2

ハサミポケットの上のフェルトも

下のフェルトに重ねて縫います。

今度は 上を空けて ポケットにします。

右側のポケットも 3辺を縫います。

ポケットの縫い始めと縫い終わりは

返し縫をしてください。

リネンのポケットは ポケット口が 少しゆるくなって

縫ったときに 長方形でなく 台形になっているかもしれません。

(私は そうなりました。^^;)

ポケット口が浮き上がっても その分 ポケットに余裕が出来るので

気にしないで、

残り3辺を 長方形のガイドラインにあわせて縫ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソーイングケース内側1

ソーイングケース内側1

ソーイングケースの内側を作ります。

まず、10cm×10cmのフェルトを 

5.5cm×10cm と 4.5cm×10cmに切り分けます。

5.5cmのほうは もう1枚のフェルトと重ねて 針刺しにします。

4.5cmのほうを 巾 4cm、4cm、2cmに切ります。

4cmのほう2枚は ハサミの先を入れるポケットに使います。

ソーイングケース内側1

残り布で ポケットを作ります。

10cm×4cm出来上がりのポケットです。

2枚に分けなくても 半分に折って 両端を縫い

ソーイングケース内側1

余分な縫い代を落として アイロンをかけ

ソーイングケース内側1
ソーイングケース内側1
ソーイングケース内側1

ひっくり返して 返し口を内側へ折って(アイロン!)

外から 端ミシンで押さえます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月16日 (月)

ステンシルとリボン刺しゅうのコラボ

ステンシルとリボン刺しゅうのコラボ
ステンシルとリボン刺しゅうのコラボ
ソーイングケースにステンシルをして、薔薇の花を刺しゅうしました。内側のポケットとかを縫った後で表とリックラック側だけ中表に縫い合わせると、出来上がりのイメージを予想しながらステンシルができるので、オススメです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

リボン刺しゅう

リボン刺しゅう
先週のリボン刺しゅうのレッスン、いかがでしたか?リボンが薔薇の花に変身すると、うれしくなります。次回は葉っぱと蕾、そして、裏布を付けて完成を目指します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月14日 (土)

ステンシルクラブに変更しました。

ブログを始めたころは 同好会でしたが

実際の名称は 途中でクラブに変わったため 

ブログのタイトルも 変えなきゃと思いながら 

すっかり忘れていました。

*

パスワード規制を 解除してから 

2件ですが Hネタの投稿がありました。

即 削除ですが

こういう迷惑コメントについて いろいろと調べてみると

どのブログでも 困っていて 

それでも 一番対策を講じているのが ニフティだそうです。

私も プチ対策をとっています。

*

で、同好会というタイトルは どうも 「オタク」ワードでひっかるようなので

タイトル変更しました。

サブタイトルも 当たり障りの無いのをつけましたが

なにか 良い提案がありましたら

よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月11日 (水)

念珠ケースとリックラック

念珠ケースとリックラック

念珠ケースのポケットを作ります。

中表にして ポケットの口を縫います。

縫い代の端から端まで縫います。

アイロンで 縫い代を片方に折り

念珠ケースとリックラック

表に返し、アイロンをかけて

端ミシンをかけて 安定させます。

*

蓋の表布に 出来上がり線を引いておきます。

リックラックを 縫い付けるサイズぴったりに切り

ほつれないように 両端に ピケ(ほつれ止め液)、

なければ ボンドを 少しつけます

リックラックを 待ち針で止め、

出来上がり線の気持ち外を

同系色の糸で 手縫いでつけます。

ソーイングケースの方も 同じように

表側に 出来上がり線をチャコペンとかで引いて

リックラックを縫い付けます。

(ソーイングケースの方は この状態でステンシルします。)

これは 仮縫いですが 縫った後もほどきません。

 
念珠ケースとリックラック
念珠ケースとリックラック

念珠ケースの方は リックラックを縫った辺を

中表にして ミシンで縫い合わせます。

返し口を残して3方向縫うのですが、

まず 返し口の反対側の

リックラックの付く辺だけを縫います。

縫って表に返したとき

もし リックラックの出方が出すぎだったり

反対に 引っ込みすぎだったら

あきらめて 解き、もう一度縫い直します。

*

ここで 先ほど縫った ポケットを

蓋の中表の間に 表の出ている状態ではさんで待ち針で止め

残りの2辺と一緒に 縫います。

余分な縫い代を切り

縫い代をアイロンで片方に倒し

ポケットが 蓋のどちらかにくるようにひっくり返す、

これで ステンシル前の準備完了です。

ステンシルをした後 ポケットを内側から中表に縫い

縫い代にロックミシン(ジグザグミシン)をかけて

ひっくり返すと ミシンの工程は完了です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月10日 (火)

そろそろ、作り方を…

そろそろ、作り始めます。

先日 皆さんにお渡しした

ソーイングケースと念珠ケースの材料、そろそろ 作る手順を

載せていきますね。

縫い物初心者向けです。^^

*

まず、布とリックラックに アイロンをかけます。

お渡しした 接着芯は だいたいサイズ通りに切っています。

接着芯の キラキラついているほうが糊がついているほうです。

それを 布側に当て、アイロンで 接着します。

せっかくの接着が ずれてしまうかもしれませんから

アイロン接着後は 冷めるまで触りません。

次に 布を切ります。(フェルトは まだ、切らないでね。)

縫い代は1cmくらい

ほつれるのが心配なら 1.5cmくらいあれば十分です。

余分な縫い代は 後で切り落とします。

念珠ケースは ポケットも接着芯を貼ります。

ソーイングのほうのポケットは 

残りの布で 表と裏2枚をとります。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 8日 (日)

付け足し

付け足し
先ほどの薔薇の刺しゅうに葉っぱと茎と蕾を足しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リボン刺繍のバラ、ちら見せ

いよいよ 今週の木曜日 リボン刺繍のレッスンです。

連絡網でまわしていただきましたが

先生のレッスンの素材には

必要な物、すべてが 含まれています。

*

ソーイングケースのポケットに 

バラの刺しゅうを してみました。

まず、刺繍糸で バラの土台を作ります。

Cimg1877

リボンを 巻き巻き、

Cimg1878

蕾も作って

Cimg1879

葉っぱも刺繍して 出来上がり。

Cimg1880

それぞれの刺し方に コツがあります。

それを しっかり習ってくださいね。

*

これは 未完成のソーイングケースのポケットに刺繍しましたが

リボン刺繍の上からアイロンは掛けたくないので

本当は 完成後に リボン刺繍するほうがいいです。

でも、蓋のほうに リボン刺繍するときは

刺繍の裏側が隠れるように 先に刺繍します。

そのときは リボンの上にかけないよう

気をつけて 仕上げのアイロンをかけます。

*

レッスンの後で 念珠ケースやソーイングケースに

リボン刺しゅうをするのも いいかも。

リボンをおいている手芸店は少ないので

その際は お店の在庫分でよければ

私が調達してきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 6日 (金)

タジン

タジン
今、人気のタジン鍋。ついにわが家のキッチンにも登場しました。初めてのメニューでしたが、家族も満足してくれて、明日もタジンの別メニューを試すことにしました。写真はおまけのミニタジン。小さなピンクッションを入れて使うのも いいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 4日 (水)

修業のキルティング

修業のキルティング
修業のキルティング
なかなか取り掛かれなかったローズガーデンのキルティングですが、やっと仕付けをして完成を目指すことにしました。仕付けが終わった段階では、2、3週間あれば簡単に出来るとワクワクしていましたが、縫いはじめてすぐに、この葉っぱや茎の周り全部するのかと思うと、愕然としました。それでもキルティングのぷくぷくを見ると 嬉しくなります。まるで修業のようなキルティングです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 3日 (火)

トレーサーはこれ

トレーサーはこれ
模様を布にチャコペーパーで写す時に使います。無ければ、書けなくなったボールペンを用意してくださいね。それも無ければ、私のを使ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

予約状況

さっそく 返信をいただきました。

リネンの色のバッグは 4個とも 予約済みです。

こげ茶のバッグは 3個とも 予約済みです。

緑のポーチは 残り2個

こげ茶のポーチは 2個とも 予約済みです。

限定数のない ナプキンも

先生に 色をお伝えしますので 色の指定を

メールでお知らせください。

*

先ほど 全員からお返事をいただきました。(11月4日)

とても早くお返事をくださって ありがとございます。

明日にでも 先生にお伝えしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 2日 (月)

リボン刺繍レッスンの詳細です。

11月12日と26日に予定されている

特別レッスン リボン刺繍の内容をお知らせいたします。

教えていただくのは

スパイダーウエッブローズのバラと 

バラの葉っぱの レゼーデージーステッチと

蕾の フレンチノットステッチです。

これらを使って バラの花束の刺繍をします。

Ribon2

この模様の予定です。

刺繍の素材ですが、バッグ、ポーチ、ナプキンなどを

用意してくださっています。

数に限りのあるものもありますので

11月9日(月曜日)までに 

どれをしたいか決めて 私に連絡をください。

限定数のあるものは 先着順です。

それぞれの価格には、 素材 リボン刺繍用の針(2本)

リボン、刺繍糸、チャコペーパー、など

すべての物が含まれています。

*

厚手のコットンのバッグ、リネンの色  × 4個

               こげ茶    × 3個

リネンもこげ茶も  2500円

Ribon1

リネンのバッグのサイズはだいたい27cm×22cmです。

持ち手は 皮紐、裏布も用意されています。

!先生の 手作りです。

布も 持ち手の皮紐も しっかりとしたものです。

*

ポーチ  グリーン   × 3個

2000円

Ribon3

ベルベットのポーチです。裏布もついています。

リボン刺繍はベルベットの上で とても映えます。

木馬の製品です。

*

ポーチ こげ茶    × 2個 

2000円

Ribon4

ベルベットのファスナーつきのポーチ、裏布もついています。

木馬の製品です。

数が少ないので サンプルは作らなかったそうです。

*

ナプキン 白(写真なし)、ベージュ、淡いグリーン、濃いグリーン

1300円

これは どの色も何枚でも用意できるそうです。

Ribon6

写真のナプキンの刺繍は 今度習うものとは違います。

(たくさんのテクニックを使っています。)

Ribon5

バッグ、ポーチの裏布は リボン刺繍をした後で

まつりつけます。

先生には まつり縫いが微妙な方がいらっしゃるかも、と

お伝えしましたので(すみません!)

それも 教えてくださるそうです。

2回あれば 完成するでしょうと おっしゃっていました。

*

持ち物ですが 糸を切る ハサミと

模様を写す トレーサーもしくは インクの出ないボールペンです。

*

私からの追加ですが、お裁縫道具

それから バザー前に配った

フランス刺繍針と 滑り止めのシリコンの指キャップも

持ってきてください。

  

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

バザーの写真追加しました。

昨日 バザーの写真を追加しました。

左サイドの ステンシルバザー2009を見てくださいね。

*

準備が大変で皆さんの負担も大きいので悩みますが

バザーの会場で

「毎年 楽しみにしています。」といわれると

やっぱり 続けてよかったと思います。

ほんとうに お疲れ様でした。

来年は 3学期お休みをいただいて

また 新年度に 

ステンシルの基本とガラスエッチングの基本を

ゆっくりしたいと思っています。

ガラスエッチングのほうは 

ペーパーウエイトへの反転模様を考えています。

素材は アウトサイドインのガラスエッチング素材で

丸、四角、ハートの3種のペーパーウエイトを使いたいと思います。

3学期の間に 型を作る宿題を出す予定です。

ステンシルのほうは、久しぶりに紙へのステンシルをしようかな。

素材は ゆっくり探してみます。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »